司法書士事務所を徹底調査!

司法書士事務所

司法書士事務所とは

司法書士事務所の仕事とは

司法書士は、弁護士に続く法律の専門家です。司法書士の資格は、宅建や土地家屋調査士などの不動産系資格の中では最難関と言われ、法律系の資格でも司法試験に次ぐ難関資格です。

司法書士の業務は、年々拡大しており、簡易裁判所での裁判の代理などが行えるようになっています。司法書士業務といえば登記申請で、企業が誕生するときから、司法書士とは、付き合っていく事になります。

法的な問題は、日常生活において、意外と身近な問題です。しかし、いきなり弁護士に相談するのは気をくれする、と言う人にも、司法書士が裁判で代理人として、弁護活動できるようになったことから、気軽に相談できるようになっています。

以前は、司法書士事務所は、企業や不動産に関する法的相談を行うという認識でしたが、現在は、離婚問題や相続に関することなど、様々な悩みに対応できるようになっています。司法書士は、登記の専門家であると同時に、あらゆる法的な効力をもつ、文書の作成を行うことも出来ます。

司法書士の業務は、司法書士法によって定められており、主な業務は、不動産の登記や、会社や法人の登記、また裁判所や検察庁に提出する書類の作成で、司法書士事務所では、法律相談を受けることが出来ます。司法書士事務所では、裁判の手続以外でも一定の事件において、代理人として相手と和解交渉を行ってくれます。

ただ、法律の専門家である司法書士も、刑事事件や問題になっている事件の金額の総額が、140万円以上の事件は扱うことは出来ません。司法書士事務所は、現在多くありますが、値段や評判だけで依頼をきめるのではなく、自分で相談にいき、話をきちんと聞いてくれて、料金体系も明確で、親身に相談にのってくれる司法書士事務所を探す必要があります。

司法書士は自分の代理人となってくれる人なので、司法書士事務所を選ぶ場合は、慎重になり、実際に行ってみることが大切です。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved